上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回に続き、肛門ネタをもう一つ。
今回は風俗の話では、ありません。
あまりにも、それだけでは引かれる気がしてきましたので・・
もう十分ひいてますね ヽ(´~`;)

大学も最後の年となり、この頃になれば人並みに何人かの女性と、
付き合った経験をもつ一般男児となってました。

そんな中、大学在学中、最後に付き合った彼女。
自分でいうのもなんですが、抜群の容姿で
かなり奇麗な女性でした。(*^^*)

「なんで、おまえが?」
って周辺の友人に、よくいわれたものです。

そんな彼女、
実は、凄くさっぱりした男前の性格で、
そんなところが非常に好きでした。
Hに関しても、かなり積極的で、お互いがお互いを
責めるというような感じで、いつも楽しんでました。

「Hの時は、恥ずかしがってもしょうがない。
全て、さらけ出すべき。」

これ、彼女の格言。

そんなある日、いつものようにラブホテルで1ラウンドをこなし、
少しのインターバルを置き、2回戦目のこと。

バックでの体位中。


体力を消耗してしまい腰の動きを止め、
一息ついていると (;-_-) =3 フゥ

彼女がいきなり

おしりの穴に入れてみる?

!Σ( ̄□ ̄;

入るか~? (~▽~;)!?

一回、試してみて

興味が無いといったら嘘になります。
でもホントに入るものなのか?

よっしゃ!挑戦してみるわっ!

そうして実行することに。
まず亀頭を彼女の肛門にあて、ゆっくり腰を前に突き出してみます。

全然入りません。ビクともしません。
しかし、亀頭を当てがっていると
肛門の筋肉がゆるんできたのでしょうか。
少しづつ中に入っていきます。
体感的にミシミシッ・・と音が聞こえてきそうです。

痛っ!痛い!

彼女の苦痛の声が聞こえます。

一旦、動きを止めます。

大丈夫、来てっ!

又ゆっくり中に入れようと腰を前に突き出します。

痛っ!

こんなやり取りを、数回繰り返していると
アカシの肉棒も硬度10の悪魔将軍の鎧から、
エメラルド程度の硬度になっていました。


ダメ!無理やわ ~\(_ _;)/~

亀頭の半分程の挿入でギブアップ!




・・・・・・・・・・・・・

そっか~

やっぱり、ローションとか塗るもの必要だわっ
今度もって来るね!






ねって・・・・
アンタ、経験済みなのね


まぁ、そんな理由で彼女を嫌うわけも無く、
その後も仲良く付き合って行くのですが。

彼女と付き合うようになり、ホント風俗に行かなくなりました。
また、行きたいという気持ちも、まったく起こらなくなりました。

それは、一緒に過ごすことで
精神的満足、身体的満足のMAX状態でいられたからでしょう。

【究極の快楽は好きな人とのH】であるということを
教えてもらったように思います。
こうして、大学とともに風俗も卒業することになるのでした。



風俗引退!
ありがとう風俗!さようなら風俗!







 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・







社会人となった後、
残念ながら彼女と別れることとなります。

すると予想通り風俗にカムバックを果たし、
いろんな意味で、涙の復帰戦が行われたのでした。(。´Д⊂)うぅ・・・

――――――――――――――――――――――――
もっと、まともな風俗体験談、エッチなブログを探してみる
=PR=
[完全無料]出会い系セフレの種
出会い系セフレの種は出会い系サイトを使って
セフレ探している方の出会い系サイト攻略サイトです。
関連記事
コメント
うは
本当に面白いですよ!!笑


こんな私って・・orz
タイトルが面白いです
今度使ってみようかなw
>>
御訪問、コメントありがとうございます。
そう言って頂けるとホント今後も、このブログ続けていけそうです。
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック



本館サイト
風俗ブログ大集合!

■超大型ランキングサイト
風俗ブログ・ランキング

今日の無料サンプル!

最新の記事
全ての記事を表示する
今月の記事ランキング


風俗・お水系人気BLOGRANK

アダルト情報発信!
バックナンバー

カテゴリー
逆アクセスランキング
風俗カテゴリ有りのランキングサイト

アダルト無料検索 風俗マニア

エログ-(エログランキング) FC2ブログランキング

風俗・アダルト関連サイト&相互リンク
最近のコメント
RSSフィード
最近のトラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
16323位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風俗
632位
アクセスランキングを見る>>



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。